内申点を上げるポイント「その2」

2017.02.22
au0807__685

通知表内申点の重要性を早く気づいてらっしゃる保護者

の方は小学生の高学年から対策していますが、

受験シーズンが近づくにつれ

内申点の低さに驚かされ、その重要性に気づく方も

いらっしゃいます。

後悔しないためにも内申点の概要と内申点を上げる

ためのポイントをご参考にしていただきたい!

そんな記事です

 

 

内申点の評価基準とは?

まず中学生にとって高校受験時に非常に大事になる内申点

これはいわゆる通知表の5段階評価から算出されます

 

通知表の評価の観点は各教科により異なりますが

教科ごとに観点別学習状況と評定がつけられていますが

基本は下記のような観点です。

 

関心・意欲・態度:授業態度、提出物、時事問題への関心
思考・判断:調べ学習への取り組み、テスト(理由を問う問題)
表現・処理:ノートのまとめ方、テスト(資料を読み取る問題)
知識・理解:小テストやテスト(知識を問う問題)

 

 

テストで90点以上とっても評価が5ではない場合

他の観点がマイナス要素としては評価されている可能性が高いのです

 

内申点をあげるポイント

 期限の厳守

 

評価として意欲・態度という観点があります

これは、いわゆる学校での学習に対する取り組みです

でもこれって保護者にとって見えない要素ですよね

授業参観や先生との面談などで垣間見るしかできないポイントです

 

保護者の方も社会に出て仕事をする上でに姿勢や納期は一番重要視されたのではないでしょうか

 

期限を守る習慣をつける

 

子供にとっての仕事は学習なのです

まず期限を守ること(納期)

期限を設定して集中すること(スケジュール管理)

この二つを家でも徹底してください

 

内容や質はなんでもいいと思います

1時間でこのプリントをできるところまでやってみよう!

何時までにお風呂掃除しておいて!

 

毎日の生活の中で期限を設けて話をするようにしましょう

期限の重要性を子供はなかなかわかりません習慣化させ、覚えさせることが保護者の務めです

内申点を上げるポイント「その3」はこちら

 

お母さんに見てほしいマル秘レポートプレゼント!はこちら