愛媛県高校受験(平成30年度)と内申点について

2017.11.27
72753ed793dba3c79ad4996853f51f98_s

全国で例年より早い初雪が観測される今日この頃

中学3年生のお子様をお持ちのお母さんはドキドキしている時期ではないでしょうか?

来年年明けに実施される公立高校の受験日程が公表されています

愛媛県の高校受験 全日制の課程では「推薦」「一般」に別れます

 

この記事では日程から受験に重要な内申点の計算方法などについてご紹介します

さあ、これからがラストスパートの本番です

お母さんも子供のためにできる限りやりましょう!

目次

  1. 日程について
  2. 内申点ついて
  3. 推薦入試ついて
  4. 一般入試について

1、日程について

【推薦入試】
入学願書等受付:平成30年1月22日(月)~1月29日(月)正午
面接等:平成30年2月8日(木)
選抜結果の通知:平成30年2月14日(水)~1月16日(金)正午
合格者発表日:平成30年3月19日(月)

【一般入試】
入学願書受付:平成30年2月16日(金)~2月22日(木)正午
志願変更・入学者選抜願提出:平成30年2月23日(金)~3月2日(金)正午
調査書等提出:平成30年2月23日(金)~3月2日(金)正午
学力検査等:平成30年3月8日(木)~3月9日(金)
合格者発表日:平成30年3月19日(月)

 

平成30年度愛媛県県立高等学校入学者選抜実施要項はこちら

https://ehime-c.esnet.ed.jp/koukou/nyuusi/h30nyuusi/hanni/30koukou_nyuugakusyasennbatu_zissiyoukou.pdf

 

2、内申点について

 

各都道府県によって変わってきますが愛媛県内の公立高校の一般入試の内申点計算方法をご紹介します

いわゆる内申点と呼ばれる調査書は推薦および一般入試に非常に重要な役割を持ちます

各県によってその計算方法や受験への加算方法が異なります

例えば広島県では内申点と学力検査をほぼ1対1の割合で合算した点数で合否を決めますが

愛媛県の一般入試の場合、1次選抜として募集人員の内申点上位90%程度の中の学力テスト成績上位

70%をまず合格とします

その後2次選抜として残りの30%から

学力検査の成績に基づく得点(A)

調査書点に基づく得点(B)

調査書の各教科の学習の記録以外の記録並びに面接及び実技テストの評価に基づく得点(C)

を用いて、選抜することとなります。
ここで、各A、 B、 Cの比率については各高校に委ねられています

内申点135点満点

中学1年生 45点(9教科×5段階評価)

中学2年生 45点(9教科×5段階評価)

中学3年生 45点(9教科×5段階評価)

※9教科とは国語、数学、外国語(英語)、社会、理科、保健体育、技術家庭、美術、音楽

 

3、推薦入試について

各高校の推薦入試の合格者定員は比率によって決められています

「定員に対する比率」
○普通科、理数科、国際文理科…5%〜15%程度
○職業教育を主とする学科、総合学科…20%〜30%程度

 

推薦入試に学力検査はありません。

「面接」「集団討論」のうちから少なくとも1つと「作文」「小論文」のうちから少なくとも1つ

の2つ以上から実施されます(工業に関するデザイン科では実技テスト(30分)を実施)

内申点135点満点と実施検査により総合的に合否が決定されます

 

4、一般入試について

一般入試は学力検査と面接および内申点によって2段階の選抜が行われ、合否が決定します

学力検査について

英語 50点(60分)※リスニングテストあり
数学 50点(50分)
国語 50点(一般の問題45分)+(作文25分)
理科 50点(50分)
社会 50点(50分)

合計250点満点※一部の高校で傾斜配点を実施

 

内申点について

中学1年生 45点(9教科×5段階評価) 中学2年生 45点(9教科×5段階評価) 中学3年生 45点(9教科×5段階評価)

合計135点満点

 

まず一般入試では第1選抜と第2選抜が行われます

第1選抜

募集人員の90%程度以内にある内申点が上位の受験者のうち、調査書の記録と、面接及び実技テストの結果が良好な受験者を

対象に、学力検査の上位順に募集人員の70%程度を選抜。

第2選抜

残り30%の受験者の中から

学力検査の成績に基づく得点(A)

調査書点に基づく得点(B)

調査書の各教科の学習の記録以外の記録並びに面接及び実技テストの評価に基づく得点(C)

を用いて選抜することとなります。

 

A,B,Cの配点の比率は一定の規則の中で各校で自由に配分されます

 

最後に

一生に一度の高校受験

お母さんもできる限りのバックアップをするためにも情報を定期的に収集し、できることはなんでもやりましょう

特に志望校を決定するには各高校の傾向と対策などしっかりするためにも学校や塾など先生と相談しましょう

 

当ブログでは「子供の自学自習を育むためのレポート」を作成し無料プレゼントしております

ご興味があれば是非どうぞ!

お母さんに見てほしい「お子様の自学自習を育む」レポートプレゼント!はこちら